スタッフ日記

洗濯機のホース

2010年9月17日| カテゴリー「 営業スタッフ1

こんにちはー、いぴいです。

 

改装工事をしていた現場が終わり、無事に広島からオーナー様が越してこられました。ホッとしたのもつかのま、お住まいになって2日目、洗濯機のホースから水漏れしたとの知らせが入りました。

どうやら引越しやさんが洗濯機を設置した時に、排水ホースの太さが違うのに、無理やりつっこんだ形でテープでぐるぐる巻きして洗濯機パンにつないだようです。

私は ん? と思いましたが、排水ホースの径って、メーカーや洗濯機によって違うんですよね・・・・・。 改めて知りました。

この日、引越しやさんから依頼された電気やさんが、新しいホースを持って、正しく接続していきました。

 

この事件で、新規に貼ったカーペット・クッションフロアなどが水浸しになり、貼りかえることに・・・・。また、建具も水を吸い上げて表面がブヨブヨになりました。

引越しやさんも大変ですが、オーナー様もお気の毒でした・・・・。

 

みなさんも洗濯機の排水ホースの接続部分が、テープでぐるぐるになっていたら、

気をつけてみたほうがいいですよー。

 

            ****** リフォームのケンテック 石井(由)でした ******

 

 

漏水か。雨漏りか。が、分からない? パート3

2010年9月17日| カテゴリー「 営業スタッフ 菊池稔

漏水か。雨漏りか。が、分からない? パート3

 

「9月2日のブログの続き」

 

漏水の原因が、ハッキリしましたので、漏水復旧工事を致しました。

隠ぺいしたドレンを切断して、外壁にドレン管を通す穴を開けて外部側へ出して、ドレン管を4階から1階まで配管いたしました。

外部側に配管をしましたので、原因の結露は、発生いたしませんので、これで安心です。

内部側の復旧は、腰パネルを元に戻して、腰パネルより上部は、吹付け仕上げでしたので、漏水した一面を吹付け仕上げで塗装いたしました。

 

2年越しの漏水復旧工事が完成いたしました。

 

——ケンテック 菊池 稔——-

 

TOPへ戻る