スタッフ日記

初工事・クロス貼替工事

2010年1月18日| カテゴリー「 営業スタッフ 菊池稔

今年の初工事で、クロス工事が、ございました。

 

 

30年のマンションで、コンクリートの壁面に、クロスを直貼りしてある現場でした。

 

 

一般的に、コンクリート面に直貼り(じかばり)場合、既存のクロスを剥がして、クロスを貼替えると、既存のクロスを剥がすと、そのクロスの裏紙が、壁面に残った状態で、新規クロスを貼替えます。

 

剥がした状態の時に、部分的にパテ下地処理をいたしますが、裏紙の部分にコンクリート面の凹凸が、ありますと、新規クロス面に、その凹凸を拾ってしまいます。

 

 

では、その凹凸をなくすためには、左官でモルタル下地の壁にするか。GLボード貼りで壁を新規に作りませんと、凹凸をなくすことが出来ません。

凹凸をなくすためには、別途費用が掛かってしまいます。

 

 

通常は、コンクリート面凹凸が、悪い時は、パテ処理で貼り替えますが、やはり、凹凸が、完全に取ることは、出来ません。

 

 

コンクリート面のクロス貼替は、大変、難しいです。

 

 

今回も、お客様には、上記の件をご説明して、ご理解を得られましたので、コンクリート面のクロス貼替工事を完成いたしました。

 

パテ処理が、通常より3倍ぐらい多く掛かりました。

 

   営業 菊池

 

TOPへ戻る