スタッフ日記

耐震改修工事【現地調査~解体編】

2015年9月12日| カテゴリー「 社内ブログ

こんにちは、営業の市田です。

世田谷区中町にて戸建の耐震改修工事が完了しましたので、
ご紹介します。

3月にご自宅のトイレのリフォームをご依頼いただいたK様。
賃貸用として平屋の戸建をご所有で、リフォームを検討されていました。
トイレリフォームが終わった後、御見積りのご依頼をいただきました。

お客様のご要望は、築年数が古いので耐震補強を検討、全体的に収納を増やしたい、水廻りの使い勝手を良くしたい、冬場寒いので、断熱対策を考えたいなどでした。

まずは、当社の耐震診断士と現地調査にお伺いしました。

Before

外観写真                        既存カーポート


まずは、外部から採寸、雨戸の中などを確認し、筋交の有無などをチェックしていきます。


外部が終わったら、内部の調査を行います。コンセントを外して、既存壁の厚み、
素材などを確認していきます。


その後、床下にもぐり、基礎、土台の有無、腐食やクラックがないかなど、確認していきます。


小屋裏は浴室の点検口から確認。


洗面所は脱衣スペースが狭く、浴室は在来浴室でした。


和室は建物の年代を感じさせます。この部屋は、洋室へと生まれ変わります。

まずは、現場養生から始めます。



内部の構造などを確認しながら、解体していきます。


押入れを解体して、畳をあげて、天井・床を解体します。

ここまで解体すると、木部の構造などが良く見えます。


ダイニングキッチンは耐震壁を設ける予定の壁のみ解体します。


きれいに解体できました。
ここからが、工事の本番です。

きれいに解体が終わったら・・

いよいよ、基礎工事・木工事に取り掛かります。

浴室土間を打設します。


新規に立ち上げた基礎の上に土台を掛け、柱を立てていきます。


同時進行で、耐震補強用の金物を取付します。


ダイニングキッチンは解体した壁に柱を入れます。浴室の壁は構造用合板で耐力壁とします。


今回は、大建工業の耐震改修パネル「かべ大将」を使用します。

内部造作が進んできたら、いよいよ設備工事です。
次回、 完了編に続きます。

TOPへ戻る