間取変更のリフォーム

スケルトンリフォーム

2019年1月25日| カテゴリー「 営業スタッフ 池井隆行 間取変更のリフォーム

こんにちは♪

営業の池井です。

今回はフルスケルトンのリフォームを手掛けさせて貰いました。

事前に色などのコンセプトをお伺いしそれに沿ったイメージを膨らませて

施工を進めました。結果喜んで頂きとても心に残る工事となりました。


まずは窓についてのこだわり施工を記載します。


既存建物問題点

・線路に面している部屋 サッシ一枚なので電車の通過音がする。

解決対策

・内窓にリクシル製インプラス設置

・壁面に断熱材を封入

結果

・窓側からの音漏れを低減することが出来ました。

 

2018-10-31-10.36.38

2018-12-01-15.57.02

856be09576584fa345f076257161a4b7

スケルトン状態   →   ボード張り(窓側断熱材封入済)   →   完成(インプラス設置)
次に玄関のこだわり施工を記載します。

玄関ドア

既存ドアは古さを醸し出していたので、そこに3M社のダイノックシート
を貼り、綺麗に仕上げました。

玄関土間

土間及び玄関上框にはアドヴァン社の床用タイルを貼りました、これにより
玄関に入った瞬間オシャレな感じを生み出します。
ビフォー
2018-10-31-10.45.16
施工前
beforeafter_before2_06
アフター
2018-12-25-12.05.05
施工後
キッチンと冷蔵庫置き場のこだわり施工

キッチンは必要最低限の機能のみ、冷蔵庫入れは露出だと生活感が出る
ので収納庫に入れる(※密封すると熱が篭る可能性を考慮し空気の通り道
を作り出す)設計とした。
冷蔵庫置き場を右のオープンスペースから左の収納内に移動しました。
ビフォー
2018-09-01-15.19.531

beforeafter_before2_06
アフター
2018-12-25-12.05.07
お風呂と洗面化粧台のこだわり施工

元々3点ユニットという浴室、洗面ボウル、トイレがひとつになったものを
設置してありました。
今回は浴室はシャワーユニットに、トイレは独立したものに、洗面化粧台
はオープンスペースにと分割して設置をするように変更。
2018-09-01-15.21.521
2018-09-01-15.21.43
既存の3点ユニット
トイレ、浴槽、洗面ボウルが一部屋に納まっています。


これはこれで効率的ではありますが・・・・。
2018-12-26-14.30.50

2018-12-25-12.05.02
2018-12-26-14.38.20
トイレはリクシルのリフォレI型・手洗器付+アッパーキャビネット
シャワールームはTOTOのシャワーユニット
洗面化粧台はリクシルのルミシス
※全てを独立させることによりオシャレな空間を演出できました。

最後に、いろいろなアイディアとコンセプトを出して頂きました
お客様に感謝と、いろいろと制約が有る中最後までしっかりと
仕上げて頂きました職人さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
これからもお客様に寄り添い夢をかなえる施工をしていきたいと
思います。

あれをやってみたい、これはどうかな?とか有れば是非ご相談下さい。

シロアリ被害にあった柱の取替え工事(その2)

2018年1月22日| カテゴリー「 収納リフォーム 営業部長 長田聖司

営業の長田です。2本をシロアリに食われてしまい、柱取替えを行なった I 様邸のお話の続きです。


まずは柱を取り替えるため、天井・床を解体します。


IMG_2114

IMG_2127

さていよいよ柱の取替えにかかります。柱の両脇にサポートと呼ばれるつっかえ棒を設置し、慎重に柱を

取外します。

このサポートというのはビルやマンションなど鉄筋コンクリート造の建築物を建てる際に使用するもので、

梁や床版(スラブ)の型枠下でつっかえ棒として使います。強度も充分にあり、自由に伸び縮みが出来る

ので、建築業界ではよく使われるものです。いわゆるジャッキと同じですね。


DSCF2413-e1515744252183

DSCF2428-e1515744404683

そこに新しい柱を横から挿入し、上下端部を金物で補強します。

DSCF2433-e1515744548928

DSCF2437

反対側の柱も同様に取り替えていきます。

DSCF2445-e1515745046314

DSCF2448-e1515745113379

増築時に抜いてしまった部分に新しい柱を設置します。あとは筋交いを入れ金物で補強し、構造躯体を

完成させます。

DSCF2453-e1515745373429

DSCF2464-e1515745466453

もうシロアリの被害が起こらないよう、土台・柱・筋交いに防蟻材を塗布しておきます。



DSCF2461

DSCF2471

さてここから仕上げの工程に移って行きます。続きは次回とさせていただきます。

Panasonicの畳が丘

2017年3月9日| カテゴリー「 営業スタッフ 松本史郎 間取変更のリフォーム

松本史郎です。

和室をリビングと繋げるリフォームをさせて頂いた中で
一部に畳がほしいと言うご希望が有り
Panasonicの<畳が丘>に興味をお持ちでしたので
お勧めしました。

畳が丘

ユニットを組んでいくと畳の小上がりを簡単に作ることが出来ます。

畳み下収納

畳みの下は収納になっています。

座卓

座卓を設置することも出来ます。

体色柄

畳み色

本体と畳が各3色から自由に選べるので
純和風から和モダンまで対応可能です。

ちなみに畳みはイ草の畳ではありません。

ではBefore

畳が丘

で、Afterです。

畳が丘2

格子もPanasonicの<スリット格子>です。

ちなみにその脇の収納の扉も
Panasonicの<ベリティス>の<収納用建具 3枚連動引戸>です。

Panasonicの建材はサイズオーダーの自由度が高く
リフォームに向いています。

6月には新柄も出ますので、ご期待下さい。

I型キッチンから対面L型キッチンへリフォーム

2017年3月6日| カテゴリー「 キッチンのリフォーム 営業スタッフ 鈴木雅人

営業の鈴木です。

キッチンリフォーム施工事例のご紹介です。
今までのキッチンはI型でリビングと孤立しており、壁も一部ナナメなので
収納家具など設置しにくいキッチンスペースでした。
今回は、機能的で家事のしやすいキッチンスペースに改装がご希望。
L型のキッチンでリビングが見えるキッチンへご提案しました。

 

 

 

 

 

 

リフォーム前は右側の壁がナナメなので冷蔵庫置き場やゴミ置き場など設置すると
ちょっと使いにくい感じでした。

 

 

 

 

リフォーム後右側のナナメ壁には、R型のカウンターを造作。
下部はゴミ箱が置けるスペースにしました。
手前右のレンガ調壁の裏は冷蔵庫置き場にしているので
LDKからは冷蔵庫が見えないのでスッキリしています。

 

 

 

 

 

 

キッチンはクリナップ ラクエラを採用。
L型のキッチンで人造大理石カウンターなので、熱や汚れにも強く、
お掃除もしやすいので衛生的です。

いままでは、リビングに背中を向けている状況で、振り向かないとリビング方向が見えなかった
のですが、リフォーム後は家事をしながら、ダイニングテーブルに座っているお子様との会話も
できるので、コミュニケーションもバッチリです。

最近は対面式のキッチンのご要望が多いようです。
リフォーム後のイメージなど3Dパースで確認できますので
お気軽にご相談ください。

TOPへ戻る