スタッフ日記

ハイブリット給湯器 ECO ONE

2011年7月26日| カテゴリー「 営業スタッフ 小川順子

こんにちわ 営業の小川です

車もハイブリッドが、主流になっていますが、
なんと給湯器にもハイブリッドが出ています。
リンナイのECO ONEです。

 

 

 

 

現在、お客様にご提案中なのですが、どこがハイブリッドかというと
ガスと電気のいいとこどりだそうです。

この機器は、従来より少ないエネルギーでお湯をつくることができるので、
①給湯のライニングコストが、従来のガスふろ給湯器に比べて1/2以下になる!!
②下がったコストで、浴室暖房や床暖房をまかなえる!!
③CO2も排出も従来のガスふろ給湯器に比べて40%削減!!

 

 

 

 

もちろんエコキュートも良いのですが、温水の床暖房は、
ガスの方が良いと思います。
エコキュートにも温水床暖房対応できる機種もあるのですが、
評判は芳しくないようです。

戸建で床暖房を気兼ねなく使うのであれば、ハイブリット給湯器はおすすめだと思います。
その上、タンクも小さいので設置場所に困ることもあまりないです。

タンクの容量は50リットルとやや少なめなんですが、洗い物やちょっとしたシャワーの時などには
このお湯を使います。
逆に大量のお湯が必要なお風呂の湯はりなどにはエコジョーズを
稼動させお湯を供給するそうです。

そもそもヒートポンプ式給湯器はつくるお湯の温度が低いほど
効率よくお湯を沸かすことが出来るとされていますが、逆に高温
のお湯をつくろうとした時にはエナルギー効率が悪くなってしまう
のがひとつのデメリットとされえてきました。

今回のタンクには45℃のお湯が貯湯されており、それ以上の湯
温が必要な場合はエコジョーズで再加熱してからお湯を供給い
たします。床暖房などの場合も同じですね、45℃のお湯を60℃
まで再加熱して供給するシクミとなっております。

ちょっと難しいですが、お勧めです!!

TOPへ戻る