スタッフ日記

TOTOの床材 ハイドロセラ・フロアJのご紹介♪

2018年12月14日| カテゴリー「 営業事務 松井八重
こんにちは~

トイレをリフォームする時、一緒に内装もキレイにしたい!!という方は多いと思います。
通常、フローリングやクッションフロア、フロアタイルなどを施工することが多いですが、

●もっと清掃性がいいものにしたい

●男性が多いので、尿飛び汚れが気になる

という方にはTOTOの床材 ハイドロセラ・フロアJ がオススメです

ハイドロセラは耐傷性や防汚性といった陶磁器が本来持つ素材の特性を活かした大型陶板です。
壁材もありますが、今回は床材に絞ってご紹介したいと思います。

ハイドロセラ・フロアJ
※画像:TOTOHPより抜粋
ハイドロセラの特徴は・・・

とにかく清掃性がいい

ことです

クッションフロアなどと比べて硬いハイドロセラは傷が汚れがつきにくく、また表面は水や汚れがしみにくい素材です。

ハイドロセラ・フロアJ特徴
左の図は腰掛便器にて男性10人が立って小便をしたときの状況です。※画像:TOTOHPより抜粋

釉薬で覆われたハイドロセラの床には汚れが染み込まず、トイレ特有の目に見えない尿飛びも簡単にふき取れます

日ごろのお手入れは水拭きだけでOK。
家庭用洗剤にも強い素材です。
ハイドロセラ・フロアJは

①全面セラミック

②セラミックパネル+周辺部材

の2パータンあります。


全面セラミック
全面セラミック※画像:TOTOHPより抜粋
セラミックパネル+周辺部材
セラミックパネル+周辺部材※画像:TOTOHPより抜粋
全面セラミックは

トイレ床全体をセラミックパネルで納めることが可能です。

また②の組み合わせタイプでは専用のフローリングセットのほかに市販のフローリング材やクッションフロアとの組み合わせも可能ですよー。

ハイドロセラ・フロア対応便器はこちら ↓↓↓

ハイドロセラ対応ト
※画像:TOTOHPより抜粋
全面セラミックの色は全部で6種類
全面セラミック
※画像:TOTOHPより抜粋
セラミックパネル+周辺部材のセラミックパネル部の色は全部で5種類です!
セラミックパネル部
※画像:TOTOHPより抜粋
汚れにくいだけでなく、抗菌効果で尿の汚れから発生するニオイを防ぎます!


ハイドロセラを施工したケンテックの施工事例も是非ご覧くださーい


TOPへ戻る