スタッフ日記

漏水補修工事

2007年10月30日| カテゴリー「 営業スタッフ 藤川晃司

こんばんは
営業部 藤川です。

昨日から漏水補修工事が始まりました。
築30年の木造2階建てのアパートですが
現場を解体してみると
な・な・なんと大引き(土台)が溶けてしまって
床がパクパクの状態でした(*゚∀゚)って感じで

言葉を失いました・・・・
タイル張りの昔のお風呂なので
致し方ありませんが水漏れ(漏水)の怖さを
改めて感じながら現場を工事しています。

人間の体も住宅(建物)も早めのメンテナンスで
元気に行きましょうね???

結露対策!

2007年10月30日| カテゴリー「 営業スタッフ 鈴木雅人

こんにちは

リフォームアドバイザーの鈴木です。
肌寒い季節になりましたが、
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

今日は、これからのシーズンに必見の
『結露対策』についてお話したいと思います。

11月から2月までは特に、外気温が急に低くなり
お部屋にいても寒いせいか、窓を閉め切って暖房を
使用してしまいます。

しかし、その行為が結露への第一歩なんです。

なぜかといいますと、

目に見えてすぐわかり易いのは、窓ガラスなのですが
ガラスを境に外部の温度と室内の温度差が大きくなると
空気中の水蒸気が凝結して窓ガラスに水滴が生じてしま
います。

これが『結露』なのです!

その水滴が、窓下の枠や壁紙に流れ放置しておくと
カビが発生し、『カビくさい』という状況になるのです。(T_T)

対応策としましては、外部と内部の温度差を低くして
結露を少なくすることが大切ですが、簡単にできるもの
としては、今ある窓の内側にもうひとつ窓をつけること、

『後付2重窓』

にすることで窓と窓の間に空気層ができ、室内外の温度差を緩衝し、
体感温度の低下や結露なども少なくしてくれます。

また、工事も比較的簡単で1日でできますので、これからのシーズンに
お勧めの工事です。

『結露対策? 内窓樹脂サッシ』

TOPへ戻る