スタッフ日記

高齢者 住宅改修給付を利用されて快適なリフォーム!!

2013年3月17日| カテゴリー「 営業スタッフ 菊池稔

こんにちは、菊池です。

開花宣言が、出ました。
桜が、咲き始めましたね。 今年は、早い桜になりそうですね!!

 

「高齢者住宅改修給付事業」て、ご存知ですか。

今回は、渋谷区の高齢者 住宅改修給付を利用いたしました。

その給付金は、140,400円なり工事費より区役所から給付されました。

既存洗面化粧台・施工前 壁ベニヤ下地の施工中

 

 

 

 

 

 

 

既存洗面化粧台          施工中:壁ベニヤ下地施工

車いす対応洗面化粧台の施工後

車いす対応洗面化粧台施工後の写真

————————————————————————————

「高齢者住宅改修給付事業」

住宅改修予防給付と

住宅設備改修給付に2種類の制度になっております。

今回の改修は、車いす対応の洗面化粧台に交換する工事をいたしましたので、

この制度の住宅設備改修給付を利用して行いました。

【住宅設備改修給付】の内容は、下記のようになります。

①助成対象者は、65歳以上の高齢者であって、住宅の改修が必要と認められる者。

②助成基準額
1) 浴槽の取替えなど          379.000円

2) 流し、洗面台の取替えなど     156,000円

3) 便器の洋式化など          106,000円

③負担率
1) 給付限度額内の10% (限度額を超えた部分は全額)

2) 生活保護受給世帯は、給付限度額内、全額免除

上記の助成基準額は、洗面台取替ですので、156,000円になります。

その156,000円の負担額10%を引きますと140,400円が、認められました。

注意:それぞれの地方自治体によって、給付金や、制度が違いますので、お住まいの区役所に問い合わせが必要になります。

渋谷区の高齢者 住宅改修給付

http://reform-grant.seesaa.net/article/97441326.html

皆様も是非、この高齢者 住宅改修給付を利用されて快適なリフォームは、いかがでしょうか!!

TOPへ戻る