オススメ収納リフォームー玄関収納編②

こんにちは~
前回に続き、玄関収納の話題です。

玄関に靴を収納するのはもちろん、ベビーカーやコート、ゴルフ用品を収納したい

というお客様の声も多く聞かれます。

そういう方にオススメなのが、Panasonicの『クロークボックス』という商品です。

前回ご紹介したコンポリアは単純に靴を収納することを考えていますので、
ベビーカーなど大きいものは収納できません。
玄関収納コンポリア
ベビーカーが土間におきっぱなしはよくありますよね。
赤ちゃんがいらっしゃるお宅はほとんどそうじゃないでしょうか
実際、我が家もこんな状態で出しっぱなしです

『クロークボックス』の利点は

靴だけでなく、こういった比較的大きなものも収納できる

という点です

クロークボックス クロークボックス
クロークボックス外観               内部:収納した状態

ポイントは玄関に何を収納したいか、その収納したい物のサイズはどれくらいか、
きちんと把握することです。
必要以上に収納を設けても玄関スペースを圧迫するだけですのでオススメできません。

Panasonicのカタログにとってもわかりやすい物のサイズ表が載っていましたので、
是非ご参考になさって下さい
物の大きさ

ちなみに上記写真プランの場合、商品代は
(W1600H2070お出かけ収納プランミラー付き/ハイブリット脱臭ユニットあり)

定価¥319,500.-54%offの¥146,970です
※取付費・諸経費は別途です。

収納したいものに合わせてアリジナルの玄関収納にリフォームされてはいかがでしょうか??

カテゴリー: スタッフおすすめ情報!, 営業事務 松井八重 |

オススメ収納リフォームー玄関収納編①

こんにちは~

玄関は住まいの入口。玄関がごちゃごちゃしていると、家に帰って来た時も
ゲンナリですよね・・・
ということで、今回は玄関収納について考えてみたいと思います。

まずポイントは、家族の靴の量をきちんと把握する!ことが大切だと思います。

収納できる靴の数より所有する靴の数が多いと玄関土間に靴が置きっぱなしになり
ごちゃごちゃの第一歩となります

もしカウンター式の玄関収納なら、天井までいっぱいの玄関収納にリフォームすることで
かなり収納できる量が変わります

Panasonic玄関収納コンポリアで比較すると・・・
玄関収納コンポリア① →→→玄関収納コンポリア②
W800セパレートプラン         W800トールプラン     (共に高さ2140mm)

セパレトプランですと、靴が約20足収納、
トールプランですと、靴が約44足収納

なんと24足も収納できる靴の量が違います

例えば、上の写真のW800トールプラン(フラット・ミラーなし)ですと、商品代は

定価¥80,500.-54%offの¥37,030です
※取付費・諸経費は別途です

工事も1日で完了します

オプションでスリッパ収納やカサ収納部材も取付可能です!
コンポリア

玄関収納でお悩みの方もお気軽にお問い合わせ下さい

施工事例はこちら↓↓↓
収納造作でスッキリ生活♪  世田谷区W様邸

カテゴリー: スタッフおすすめ情報!, 営業事務 松井八重 |

住宅照明 知恵袋 引掛シーリング 引掛ローゼット

松本史郎です。

天井配線器具について

天井配線器具と言うのは
<引掛シーリング><引掛けローゼット>などと呼ばれ
シーリングライトやペンダントライトを取付る際に
電源供給と器具の保持を同時に行う事が出来るアタッチメントです。

下の様にさまざまな形状のものが有ります。

各製品の特徴はといいますと

シーリングとローゼットの違い
シーリングとローゼット

上が<シーリング>で下が<ローゼット>です。
基本は<シーリング>で
脇に金属製のハンガーが付いた物が<ローゼット>です。

<シーリング>の直径は6センチ程です
<ローゼット>は10.6センチです。

<シーリング>は5kg以下の照明器具しか取付けることが出来ませんが
<ローゼット>はハンガーで保持することにより
10㎏までのものを取付けることが出来ます。

ただ、およその照明器具は5kgを超えることは有りません
また、重量のあるものは直付けといって
直接天井に固定する仕様になっていますので
特にご希望が無い場合は<シーリング>を設置します。

フル引掛けと引掛けにの違い
引掛け

フル引掛け

上が<引掛>で下が<フル引掛>です。
違いは天井から遠い面に<つば>が有るか無いかの違いです。

写真はシーリングですが
ローゼットにも<フル引掛>と<引掛>の2種があります。

<フル引掛>はPanasonicが設置強度を上げる為に開発した仕様で
これに対応した製品を設置した場合のみその性能が発揮されます。

<フル引掛>に他の器具を設置した場合は
普通の<引掛>に取付けたのと同じ状態になるだけで
特に問題が有るわけではなく、価格も同じなので
新設の場合は<フル引掛>が選ばれます。

角型引掛シーリング

こちらは基本的に和室竿縁天井専用です。
以前は洋室の天井にも使われていましたが
最近はほとんど使われていません。

 

カテゴリー: 営業スタッフ 松本史郎 |

LIXILリフォームフェア2017東京

お世話になっております。営業部藤川です。

今回はLIXILリフォームフェア2017に行ってきまして

そことを書いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

いつもごひいきにしていただいているお客様にお声をかけさせていただきまして、
ご同行していただきました。

初日の朝一番に会場に入りましたが、自分の予想を上回る人出でちょっと驚きでした。

※勝手に予想して驚くな!って感じですけど・・・・

会場は玄関窓周りから始まりキッチンLDK~マンション~浴室・洗面コーナー~
トイレ~耐震の流れで商品構成がされておりました。


 

 

 




見慣れている商品は飛ばしながら自分ではそんなに

現場の経験が少ない外壁サイディングのブースで寄り道や

4月発売の「男前建具  VINTIA」のブースを見てきました。

下記の写真が男前建具 です。男性に好まれるようなデザインの建具(ドア)になってます。

LIXIL VINTIA














また「みんなにトイレプロジェクト」に関心がありじっくり説明を聞いてきました。

「みんなにトイレプロジェクト」は3月に当社、山本が記事を書いておりますので

リンクを貼っておきますので合わせてご覧ください。

 

 

 

カテゴリー: 営業スタッフ 藤川晃司 |

玄関ドアを交換しました。

営業の小川です。
今回は、玄関ドアのご紹介です!!
1ヶ月前にインナーサッシを取り付けさせていただいたお宅で
その後すぐにドアクローザーのアームが折れてしまい、
以前から考えていらっしゃった玄関ドアの交換を実施することにしました。

元のドアは、スチール製で、機密性を良くするパッキンも劣化して、
玄関が寒くなっていました。
今度のドアは、アルミ製の断熱ドアです。
1日で交換できる リフォーム用玄関ドアLIXIL リシェントⅡです。

デザインは、ショールーム行かれて決定しました。
色は、外壁と合うエクリュアイボリー(白っぽい木目)です。
以前は明り取りのガラスが入っていたのですが、
必要ないとの事で、シンプルにしました。
ドアも軽くなって、鍵もディンプルキーになり、防犯性の高まりました。

←既存のドアです。

 









29年間家を守ってもらって、有難うございます。

←新しいドアです。
既存のドア枠を新しい枠材で覆うので 、
表から見るとちょっと枠がごつく見えます。

カテゴリー: 営業スタッフ 小川順子 |

大地震・太平洋側確率高め!!耐震診断・耐震補強工事で備えましょう!! 

こんにちは、菊池です。

耐震診断をしている者として、ちょっと気になることが、朝日新聞に出ていましたのでご紹介をしたいと思います。

大地震(震度6弱以上)の確率が政府予測として発表がありました。
政府の地震調査研究推進本部は、27日、特定の地点が30年以内に地震に見舞われる確率を示す「全国地震動予測地図」の2017年版を公表しました。
震度6弱以上では、千葉、横浜、水戸市役所がいずれも8割を超えるなど、関東、東海から近畿、四国にかけての太平洋側が引き続き高く30%の確率もある所もあるようです。
地図は地震の起きやすさと地盤の揺れやすさの調査を元に作製した。30年以内の確率で、3%以上は「高い」とされている。
予測地図は、ウェブサイト「地震ハザードステーション」(http://www.j-shis.bosai.go.jp/)で公開しています。
ご興味のある方は、ウェブサイトをご覧ください。

下記にハザードマップを見ますと東海・東南海が、以前から30年以内に30%の確率で「震度6弱以上」の地震が起きると予想されていましたが、今回の発表でも同じような結果になっています。
東京に直下型の地震があると、大災害が予想されているところです。
特に昭和56年5月以前の建物は、耐震診断と耐震補強をして地震に備えることをお勧めいたします。
当社は、目黒区の耐震診断士の登録業者になっておりますので、お気軽に、まずは、相談をして頂ければと思っております。

 

カテゴリー: 営業スタッフ 菊池稔 |

目黒区のオフィスにプリーツスクリーン ペルレを取付!

営業の鈴木です。

今日はプリーツスクリーン ペルレのご紹介です。

窓=カーテンは一般的ですが、最近は特に機能的で
バリエーションが多くなっています。

おすすめは、上下にドレープ生地とレース生地2枚を組み合わせたペルレ25ペアです。
レースを『遮熱生地』にすると、日射熱を反射して室内への侵入を遮り、室内温度の
上昇を抑えるので、夏場をより快適に過ごせますし、冷房効率もUP!

ペルレ












先日オフィスにも採用!
夏の午前中から昼にかけて、ナナメ上からの光と熱をシャットアウトしやすくするため、
上をドレープ・下をレース生地にしました。
レースも遮熱タイプにしたので光を遮ることなく、太陽熱も通しにくくなるので
夏も快適に仕事できそう? です。

オフィスペルレ


 

 

 

 


実は、自宅でもペルレ採用しています。
ずいぶん昔に取り付けしたのですが、日中の光も入るので植物たちも元気です!

装飾ペルレ













ちなみに、後ろに写っているのはワンダーコア。
最近、再始動しました! テレビ見ながらの『ながらダイエット計画』

10k減量まであと、9.5k・・・。




装飾リフォームについては、ケンテックに
お問い合わせください。
お待ちしております。

カテゴリー: スタッフおすすめ情報!, 営業スタッフ 鈴木雅人 |

玄関周り:再生計画♪

営業の内田です。

リフォーム後半の玄関壁・床のタイル関係仕上げをご紹介します。
内装材もオフホワイトや、とてもやわらかそうなクラッシックデザインの
壁紙を採用したりと、既存の玄関のイメージを一掃するプランにまとめました。

●既存玄関


●リフォーム後/300角タイル LIXILフォスキー施工





●リフォーム後/壁一部エコカラット貼 LIXIL グラナスヴィストホワイト
季節だけでなく、1日の中でも天気や気温によって目まぐるしく
変化する室内湿度。
エコカラットなら、1年を通し快適な湿度を保てます。
※エコカラット=調湿機能を備えた内装タイル

玄関が驚くほど、広々としてさっぱり
幅600mmで高さが天井までのいっぱいの鏡を設置したからでしょうか。
タイルの重厚感も程よくでており、心地よい空間に仕上がっております。
タイル仕様の空間はどこかに落ち着きがあり、風格がありますね。
お客様もとても喜んでくださりうれしいです

カテゴリー: 営業スタッフ 内田亜紀子 |

キッチン改修工事(その②)

こんばんは

本日は前回の続きを書きます!

前回はキッチンのリフォーム工事を紹介しましたが、
キッチンと一緒にキッチンカウンターの取替工事も行いましたので、
今回はカウンターを紹介致します

★横浜市戸塚区 K様邸

開口部の拡張するのと、カウンターを食卓として使用するために、
既存のものより奥行きを長く取りました。

BEFORE↓


工事中・・・

一度枠、壁、カウンターを撤去し、カウンター取り付けの準備をします。

AFTER↓


カウンターは、Panasonicの『耐水インテリアカウンター』
木の自然な風合いをいかしたカウンターで、
天然木にもかかわらず耐水である為、水廻りにも対応出来ます!

Panasonicの耐水インテリアカウンターは、様々な形状に加工することが可能で、
長さや奥行きもご要望に合わせて手配出来ます

カウンター下には、Panasonicのキュビオス スモークガラス扉を取り付け、
旦那様の大切なお酒を収納するスペースに!
また開口部から見える食器棚のハーフミラーと一体感をだすために、
ガラス扉にしました!

上部にダウンライトを設置し完成
椅子はお客様がこだわりをもって決められており、
色合いや雰囲気など素晴らしい仕上がりになったと思います!

←最終的な仕上がり
飾り棚を2段設置☆!

これからは新しいカウンターでお食事・お茶など満喫して頂けたらと思います

カテゴリー: 営業スタッフ 曾山翔太 |

キッチン改修工事(その①)

こんばんは

もうすぐゴールデンウィーク!長い人は9連休とかでしょうか?
私は暦通りですが、せっかくの連休なので、ちょっとバイクでツーリングにでも
行こうかなと思っております


さて、本日はクリナップのキッチン『クリンレディ』と食器棚『S.S.』の
施工事例を紹介したいと思います!
クリナップといえば、『ステンレス』が特徴で、
底面や側面、骨組みのキャビネット自体がステンレスでできており、
非常に耐久性のあるキッチンです。


★横浜市戸塚区 K様邸

BEFORE↓

AFTER↓


キッチンは既存が開き扉で収納の使い勝手が悪かったため、引き出しタイプに!
また吊戸棚は、上の物が取りにくいのと、洗った食器置き場がほしいとのことで、
電動式ダウンウォールの乾燥・収納タイプに!

レンジフードには、ボタンひとつでフィルターとファンをまるごと自動洗浄できる
『洗エールレンジフード』を、
シンクには、シンクを綺麗に保つことのできる『流レールシンク』を採用しております。




食器棚はクリナップの『S.S.』
扉は高級感のあるハーフミラーガラスタイプを採用しており、
今回は天井いっぱいまでの高さのものが設置できたので、収納量もOK
大きな扉ながら引戸になっておりますので、スペースも十分に確保出来ます!

キッチンのリフォームを検討されている皆様、是非ご検討下さい
次回はキッチンカウンターを紹介したいと思います。

カテゴリー: 営業スタッフ 曾山翔太 |