スタッフ日記

TOTO リモデルバスルームWF

2016年2月23日| カテゴリー「 営業スタッフ 鈴木敏愛

こんにちは。
営業の鈴木です。

文京区S様邸にて、ユニットバスとトイレの交換工事をしました。
今回のユニットバス交換はいくつか特殊な施工が必要になりましたので
その様子をご紹介させて頂きます

解体前の浴室

まずは既存のユニットバスを撤去して、出てきた配管類を確認します
通常は、新しいユニットバスに合わせた位置まで配管を延ばしてセットしておき、新しくきたユニットバスを組み立てて接続していきます。
しかし今回はそう簡単にはいきませんでした

まずもともとは浴槽だったところに、隣のキッチンの給水給湯管が張り出していました。これでは壁が当たってしまい入らないので急遽配管工事の職人さんを呼んで、できるだけキッチン側へ配管をよせてもらいました。

※上から撮影した写真です
Before(壁から2本出ている白いのが給水給湯管)                      

After(水色が新しい給水給湯管)

もうひとつ、ガス管が新しい浴槽の底に突き刺さってしまう位置に立ち上がっていたので、こちらもガス屋さんに急いで来てもらい横向きに倒してもらいました。

実際に浴室を解体してみないと分からない予想外の状況はたくさんあります。
今回も完成が間に合うのか少し心配でしたが、ベテランの職人さん同士、次々と連携作業をしてもらったおかげで無事に予定していた時間内に完了することができました
S様には途中ご心配をおかけしたと思います、明るくご対応していただき大変ありがとうございました。

交換後

TOTO リモデルバスルームWFシリーズ.

TOPへ戻る