スタッフ日記

トイレの手洗いと収納 目黒区M様邸の場合 その1

2017年6月9日| カテゴリー「 トイレのリフォーム 営業スタッフ 松本史郎

トイレのリフォームで

手洗いを手前に持って来たい(タンクの所ではなく)」

収納を増やしたい」

といったご希望をよく頂きます。


トイレのリフォーム
この写真はTOTOのカタログの写真です。
Afterに使われているのは
<レストルームドレッサー>のLサイズカウンターと
<ネオレストAHW(レストルームドレッサー専用品)>
だと思われます。

手洗いがトイレから独立して 収納力もUP↑↑しています。
こんな写真を見て「我が家のトイレも」となるのですが
実現の為にはいくつかのハードルを越えなければなりません。

まずはトイレの<広さ>の問題をクリアしなければなりません。

奥行きは最低1,235㎜、幅は最低750
が必要になります。

トイレの広さ

TOTOのカタログにある上の写真のでは
Lサイズのカウンターを入れるには910㎜が必要となっていますが

下の写真のように
トイレの横まで収納を設置する為にはさらに70㎜、計980㎜が必要になります。

Lサイズカウンター
このトイレを入れるためには
最低1690㎜x980㎜のスペースが必要になります。

前置きが長くなりましたが、本題に入ります。
こちらが目黒区のM様邸のトイレのリフォーム前の写真です。

トイレBefor

一戸建ての1階部分のトイレです。
サイズは1610㎜x850㎜
ご希望はもちろん手洗いの独立と収納力のアップです。

今回はここまで。
次回は実際のプランニングの流れを書きます。


TOPへ戻る