スタッフ日記

3本引戸.その2

2015年11月13日| カテゴリー「 営業スタッフ 松本史郎

こんにちは。松本史郎です。

3本引戸の続きです。

前回、戸のガイドは<ガイドピン>を使った方が
フロアのつながり感が出て良いと書いたのですが
たとえば以前書いた新宿O様邸の場合
O新宿O様邸

閉じた状態での出入りには当然近い側の戸を使いますが
開閉壁向きの製品の場合は3連動といって3枚同時に動く製品があります。
この戸の場合戸は戸先(写真奥、窓側)にしか引き手が無く
引込み側(写真手前)の1枚だけの開閉が出来ません。

「3連動を選ばなければ良いだけ」と思われるでしょうが
問題は<ガイドピン>で
たとえば、弊社で良く使う<Panasonicのベリティス>の内装ドアには
<3枚片引き>と<3枚連動片引き>がありますが
<ガイドピン>を選べるのは<3枚連動片引き>の方で
<3枚片引き>は<レール>のみの仕様になっています。

さらに次回に続きます。

TOPへ戻る