スタッフ日記

水廻り改修工事!!ユニットバス・洗面脱衣室のリーフォーム!!その1

2015年11月17日| カテゴリー「 営業スタッフ 菊池稔

こんにちは、菊池です。

水廻り改修工事を紹介いたします。
この現場は、耐震補強をした戸建て住宅改修工事で、水廻りが、在来工法の浴室(1320サイズ)と、洗面脱衣室が910×1820と細長く、少々狭いスペースになっていました。
また、床鳴りも出ている状態です。
今回は、在来浴室をユニットバス(1616サイズ)に変更して、間取り変更をして洗面脱衣室を広くして、物入れを作るプランに改装する工事を致しました。

今回は、耐震補強工事も含めてのリフォームですので、基礎、土台、柱を新規に造作して間取り変更を致しました。

施工前1

 

施工前1
現状の洗面脱衣室入口の写真

 

 

 

施工後1

施工後1
間仕切壁を手前に移動して、洗面脱衣室の入口を変更して、内部を広げて、洗面化粧台と洗濯機置き場を確保しました。

 

 

 

改装後の図面は下記のようになります。

改装後の図面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工前2

施工前2
既存の洗面脱衣室は、上記の改装後の図面の物入れ部分に設置してありました。
910×1820mmの細長くなっていました。

 

 

 

 

 

 

施工後2

施工後2
洗面化粧台は、上記図面のように、間取り変更をして位置を変えています。
洗面化粧台は、ノーリツのシャンピーヌS・幅60cm定価¥104,500-64%offの¥37,620-で提供しました。
その上にアッパーキャビネットW600×H308×D400を設置いたしました。

 

 

 

 

施工後3

施工後3
洗面化粧台の横に洗濯機パンを設置しました。
現状の洗濯機置き場は、キッチンの所にあり使い勝手が悪い状態でしたので、間取り変更して洗面脱衣室に洗濯置き場を移動しました。

 

施工後4

 

施工後4
洗面脱衣室に物入れを作りました。

 

 

 

 

施工後5

施工後5
物入れは、可動式の棚板を設置して整理整頓できるように致しました。

 

 

 

 

 

次回は、洗面脱衣室の奥にある。ユニットバスをご紹介いたします。

 

TOPへ戻る