スタッフ日記

畳リフォームのいろいろ

2017年2月10日| カテゴリー「 スタッフおすすめ情報! 営業事務 松井八重

こんにちは~畳
前回、畳の大きさについてお伝えしましたが、今回は畳リフォームについて書いてみようと思います。

畳のリフォームは主に3種類あります。

その① 畳の裏返し

『畳の裏返し』は畳床から一度畳表を剥がし、畳表の劣化した面を裏に、裏にあったきれいな面を表にすることです。
畳表は両面を使う事ができるため、畳を裏返して元どおり取り付けることで、新品のような畳表が現れます。
新しい畳を使用してから2~3年ほどが目安です。

つまり、畳床・畳表は既存利用 ヘリは新規

その② 畳の表替え

『畳の表替え』とは、畳床はそのままに、い草で作られた畳表の部分のみを新しいものに交換することです。

つまり、畳床は既存 畳表とヘリは新規

その③ 畳の新調

畳がへたってきた、踏んだときにへこむ様な感覚がある、畳に大きな隙間ができた…といった場合には、新しい畳に交換する必要があります。
交換の目安は、畳を使い始めてから10年程度と言われています。

つまり、畳床・畳表・ヘリの全て新規

ということになります

お使いの畳の状態に合わせて、ご検討頂ければと思います。

最後にケンテックの和室リフォーム事例をどーぞ

畳リフォーム①

畳リフォーム② ←ヘリの色によってもだいぶ印象が変わりますね

畳リフォーム③ ←ヘリのない琉球畳も人気です

内装リフォームもケンテックにお問い合わせ下さい
畳・襖・クロス貼替えで内装リフレッシュ 品川区M様邸

TOPへ戻る