スタッフ日記

世田谷の憩いの場所

2013年7月24日| カテゴリー「 営業スタッフ 小川順子

営業の小川です。

先日、桜新町に現地調査に行った際、『桜新町二丁目ウレシパモシリ市民緑地』
という場所を見つけました。
小さい公園なのですが、住宅街の一角にあってとても涼しげでした。
「ウレシパモシリ」とは、アイヌ語で「育ちあう大地」という意味です。「ここを訪れる人、植物、動物、すべてが育てあう場所になって欲しい」という所有者の方の願いが込められてるそうです。
ペットは禁止なのですが、自由な猫は木陰で涼んでいました。

←『桜新町二丁目ウレシパモシリ市民緑地』

←奥に白黒の猫がいます

この場所は、世田谷トラスト町つくりという一般財団法人が管理をしています。
世田谷トラスト町つくりでは
・自然環境や歴史的・文化的環境を保全した美しい風景のあるまちの実現
・安全に安心して活き活きと住み続けられる共生のまちの創出
・居住環境を魅力的に守り育む活動やコミュニティの形成
を目的に活動をしています。
ホームページを見ると世田谷区内に市民緑地や小さな森や地域共生のいえなど
色々な活動をしていて、楽しそうな場所がいっぱいです。
わたしも世田谷区に行くときは、ちょっと調べて寄ってみようかと思っています。
http://www.setagayatm.or.jp/trust/map/cgs/index.html

TOPへ戻る