スタッフ日記

LIXILメンバーズコンテスト2017 リフォーム部門 敢闘賞受賞!!

2018年1月27日| カテゴリー「 スタッフおすすめ情報! 営業事務 松井八重
こんにちは~

先週は雪が降りましたね~!!
まだまだ寒い日が続きますね・・・

今回はコンテストでの受賞のご報告です!

LIXILメンバーズコンテスト2017 リフォーム部門で敢闘賞を受賞しました~!!

※LIXILメンバーズコンテストは、全国14,500社以上の工務店、リフォーム店が、お客様にとっての
“いい住まい、いい暮らし”をいかに実現するかを競う、住宅施工例コンテストです。

杉並区O様邸

杉並区O様邸

杉並区O様邸

杉並区O様邸

杉並区O様邸

杉並区O様邸

杉並区O様邸

杉並区O様邸



敢闘賞受賞!!
KENTECのご提案力No.1の相澤が担当しました~

2年連続の受賞です!!

ちなみに前回の敢闘賞のリフォーム事例はこちら↓↓
仲良しご家族の新しい住まい


そのほかにも施工事例がたくさんありますので、
是非ご覧下さい


シロアリ被害にあった柱の取替え工事(その2)

2018年1月22日| カテゴリー「 収納リフォーム 営業部長 長田聖司

営業の長田です。2本をシロアリに食われてしまい、柱取替えを行なった I 様邸のお話の続きです。


まずは柱を取り替えるため、天井・床を解体します。


IMG_2114

IMG_2127

さていよいよ柱の取替えにかかります。柱の両脇にサポートと呼ばれるつっかえ棒を設置し、慎重に柱を

取外します。

このサポートというのはビルやマンションなど鉄筋コンクリート造の建築物を建てる際に使用するもので、

梁や床版(スラブ)の型枠下でつっかえ棒として使います。強度も充分にあり、自由に伸び縮みが出来る

ので、建築業界ではよく使われるものです。いわゆるジャッキと同じですね。


DSCF2413-e1515744252183

DSCF2428-e1515744404683

そこに新しい柱を横から挿入し、上下端部を金物で補強します。

DSCF2433-e1515744548928

DSCF2437

反対側の柱も同様に取り替えていきます。

DSCF2445-e1515745046314

DSCF2448-e1515745113379

増築時に抜いてしまった部分に新しい柱を設置します。あとは筋交いを入れ金物で補強し、構造躯体を

完成させます。

DSCF2453-e1515745373429

DSCF2464-e1515745466453

もうシロアリの被害が起こらないよう、土台・柱・筋交いに防蟻材を塗布しておきます。



DSCF2461

DSCF2471

さてここから仕上げの工程に移って行きます。続きは次回とさせていただきます。

【竹の力強さ】

2018年1月16日| カテゴリー「 営業スタッフ 藤川晃司

お世話になっております。営業部藤川です。


本日はアパートのオーナー様より依頼を受けました。竹を伐採してきました。

アパートの庭先から伸びてしまった竹が軒天の高さ約6mまで達してました。

伸びている部分を切って処理するまでは早かったのですが、土の中にある根っこの部分を

掘り起こして処理をしたかったのですが、深いのと隣の家の庭の方から来ているためできる

限りの撤去しかできませんでした。

除草剤を使う事も考えましたが隣の椿の木がありできないので何か良い方法がないか

検討中です。

※処理方法を知っていたらおしらせください~

CIMG0878
CIMG0882
破損している軒天
CIMG1435
ここまではすんなり進んだんですが・・・・
CIMG1449
頑張りましたが対のかな15センチぐらいしか切れません
お問い合わせはこちら

LIXIL 冬のあったかリフォームキャンペーンのご紹介

2018年1月13日| カテゴリー「 スタッフおすすめ情報! 営業事務 松井八重
こんにちは~
毎日寒い日が続きますね

今回は

『LIXIL 冬のあったかリフォームキャンペーン』

のご紹介です。
冬のあったかキャンペーン
キャンペーン期間は

[2018年1月1日~3月31日]

期間中にキャンペーン対象商品を使用したリフォーム工事を実施頂いたお客様には
抽選でステキなプレゼントが当たります

対象商品は、

[インプラス、ウンプラスウッド、リフレムリプラス、リフレムシリーズ、リシェントシリーズ]

です!
冬のあったかキャンペーン
応募は専用サイトより応募申請が必要です。

応募サイトはコチラ↓↓↓
冬のあったかリフォームキャンペーン


対象商品のリシェントはリフォーム玄関ドアです。
カバー工法なので、1日で新しい玄関ドアに交換できます。

KENTECリシェント施工写真↓↓↓
リシェント施工事例①
after45-m2

リシェント施工事例③

この機会に是非あったかリフォームご検討下さい

シロアリ被害にあった柱の取替え工事(その1)

2018年1月12日| カテゴリー「 収納リフォーム 営業部長 長田聖司

こんにちは~。営業の長田です。

今回は柱2本をシロアリに食われてしまい、柱取替えを行なった I 様邸のお話です。


I 様邸は築50年以上の建物で、35年ほど前に増築をされたということでした。6帖だった和室を

10.5帖に広げる増築をした際に柱を1本抜いてしまったようで、この抜いてしまった柱の両端部

の柱がシロアリ被害を受けていました。

大地震がきたら、倒壊する可能性が高い状態です。


絵を描くのが趣味で、亡くなったお母様とお姉様の作品の収納場所に困っていたI 様。柱取替

えに伴い、この広い空間を6帖の洋室と絵画を収納するための2段の棚を設置した4.5帖の

納戸として改修することを提案。

増築時に抜かれてしまった柱も復活させ、筋交いも現在の基準に適合するように改修を行な

います。




IMG_2095
現況はこんな感じです。とぎれてしまっていますが、右側に写っている柱がシロアリの被害を受けています。
IMG_20931
右側に写っている柱から奥(背面収納家具の部分)が増築した部分です。この右の柱がシロアリの被害を受けています。



IMG_2107
IMG_2101

これがシロアリ被害を受けた柱です。子供の頃食べたウエハースのように中がスカスカになって

しまっています。しかし土台には被害はありません。

昔から土台には防腐防蟻の薬品が塗ってありますので、そこはシロアリも避けていたようです。

薬品が塗っていない柱の下から天井付近まではみごとに食べられてしまっています。

この柱を取り替える方法はその2でお話します。


TOPへ戻る