LIXIL アクアセラミックって何がすごいの?

こんにちは~
今回はトイレの清掃性についての話題です。

トイレの最大の悩みといえば、「汚物」や「水アカ」による汚れですよね
トイレ購入者の全体の85%が「お手入れがしやすいこと」が商品の決め手となっているそうです。

そこで去年LIXILから発売された

キレイが100年つづく衛生陶器『アクアセラミック』
アクアセラミック

の何がすごいかを検証してみたいと思います

今までのLIXILのトイレは「ハイパーキラミック」「プロガード」という2つの表面処理技術が採用されていました。
プロガードは撥水性のコーティングによって、「水アカの汚れ」を防ぐ技術です。
しかし撥水性のコーティングと汚物汚れの原因である便に含まれる油分とでは相性が悪く、水で汚物を洗い流そうとしても水をはじいて汚物が残ってしまいます。

アクアセラミックのポイントは「超親水性
陶器表面に付着した汚れの下へ水が入り込み汚れを浮き上がらせます。
超親水性

この“超親水性”により、少量の洗浄水で、汚物を綺麗に洗い流します

すごいのはこのアクアセラミック、「汚物」の汚れに強いだけでなく、「水アカ」が固着しません。
水アカが起因した「便器の黒ずみ」などの水アカ汚れがなくなります

アクアセラミック

まとめると、アクアセラミックは「汚物」汚れ、「水アカ」汚れ、両方に強いということです
もちろん、キズの汚れや細菌の汚れにも対応しています。

nr0223_01_07

LIXILが自信を持って100年クリーンとうたっているアクアセラミック
トイレのリフォームをご検討されている方は是非ご検討下さい

ケンテック LIXILトイレ施工事例はコチラ↓↓
http://kentec-life.co.jp/works/toilet/w_t_inax