間取変更のリフォーム

Panasonicの畳が丘

2017年3月9日| カテゴリー「 営業スタッフ 松本史郎 間取変更のリフォーム

松本史郎です。

和室をリビングと繋げるリフォームをさせて頂いた中で
一部に畳がほしいと言うご希望が有り
Panasonicの<畳が丘>に興味をお持ちでしたので
お勧めしました。

畳が丘

ユニットを組んでいくと畳の小上がりを簡単に作ることが出来ます。

畳み下収納

畳みの下は収納になっています。

座卓

座卓を設置することも出来ます。

体色柄

畳み色

本体と畳が各3色から自由に選べるので
純和風から和モダンまで対応可能です。

ちなみに畳みはイ草の畳ではありません。

ではBefore

畳が丘

で、Afterです。

畳が丘2

格子もPanasonicの<スリット格子>です。

ちなみにその脇の収納の扉も
Panasonicの<ベリティス>の<収納用建具 3枚連動引戸>です。

Panasonicの建材はサイズオーダーの自由度が高く
リフォームに向いています。

6月には新柄も出ますので、ご期待下さい。

I型キッチンから対面L型キッチンへリフォーム

2017年3月6日| カテゴリー「 キッチンのリフォーム 営業スタッフ 鈴木雅人

営業の鈴木です。

キッチンリフォーム施工事例のご紹介です。
今までのキッチンはI型でリビングと孤立しており、壁も一部ナナメなので
収納家具など設置しにくいキッチンスペースでした。
今回は、機能的で家事のしやすいキッチンスペースに改装がご希望。
L型のキッチンでリビングが見えるキッチンへご提案しました。

 

 

 

 

 

 

リフォーム前は右側の壁がナナメなので冷蔵庫置き場やゴミ置き場など設置すると
ちょっと使いにくい感じでした。

 

 

 

 

リフォーム後右側のナナメ壁には、R型のカウンターを造作。
下部はゴミ箱が置けるスペースにしました。
手前右のレンガ調壁の裏は冷蔵庫置き場にしているので
LDKからは冷蔵庫が見えないのでスッキリしています。

 

 

 

 

 

 

キッチンはクリナップ ラクエラを採用。
L型のキッチンで人造大理石カウンターなので、熱や汚れにも強く、
お掃除もしやすいので衛生的です。

いままでは、リビングに背中を向けている状況で、振り向かないとリビング方向が見えなかった
のですが、リフォーム後は家事をしながら、ダイニングテーブルに座っているお子様との会話も
できるので、コミュニケーションもバッチリです。

最近は対面式のキッチンのご要望が多いようです。
リフォーム後のイメージなど3Dパースで確認できますので
お気軽にご相談ください。

TOPへ戻る